Highlife.Tokyo

  • Affiliate
  • Web
  • Business
  • LifeStyle
  • Other

出会い系サイトの迷惑メール「1億円当選しました!」の謎

      2016/03/20

出会い系サイトの迷惑メール「1億円当選しました!」の謎

いつもHighlife.Tokyoをお読み頂きありがとうございます。運営者のHighlife(@HighlifeTokyo)です。

この前出会いサイトの迷惑メールに関する面白い記事を見つけました。

迷惑メールというと普通はブロックや破棄をして、無視をするのが普通ですがこの人のとった行動は真逆でした。

話を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • Aさんの元に「500万円当選しました」という迷惑メールが出会い系業者から届く。
  • 500万円を貰うため出会い系業者を訴える。
  • 最終的には100万円で和解。Aさんは出会い系業者から100万円をゲット!

訴えられた出会い系業者はど肝を抜かれたことでしょう。

そしてAさんの勇気と行動力には拍手喝采です。

そもそも何故こんな迷惑メールは届き続けるのか

今もなお年々増加している迷惑メール。

国内・海外発メール受信数推移

国内・海外発メール受信数推移

引用:迷惑メールの統計 (一財)日本産業協会

内容や手口は時代と共に変化していますが、いまだに多いのが「300万円用意したので会ってください」とか「高級腕時計をプレゼントします」といったありえない内容の迷惑メール。時には「1億円当選しました!」といった本当に呆れ返ってしまうような迷惑メールも来ます。

当たり前の話ですがお金や時計が貰える事は100%ありませんし、逆に巧妙な手口でお金を取られてしまうのが関の山です。

絶対に相手にしてはダメです。

でも疑問に思いませんか?そんな馬鹿バカしい内容のメールを送るのであれば、もっとリアルな内容にすればもっと客が釣れるのではないかと。

でもこれにはきちんとした理由があるのです。

パレートの法則

パレートの法則という言葉はご存知でしょうか。

パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。

パレートの法則 – Wikipedia

簡単に説明すると、売上の大部分はお金をいっぱい使う数少ない人が生み出している、ってことです。

例えるならAKB商法が近いですかね。AKBグループのCDセールスは、一人で数百枚や数千枚以上を購入するコアなファンによって支えられています。

出会い系サイトの売上構成も同じで、お金を使うユーザーはとことんお金を払い続けます。それこそ月に100万円以上使ってしまうユーザーもいますが、そういった客を見極めて取り込むのがとても難しいのです。

そこで登場するのがあの迷惑メールです。

一見馬鹿げた内容で誰も見向きもしないような迷惑メールでも、それに興味を持つ客がいたらそれは当たりです。

つまり大きい客を拾うために、あの迷惑メールでふるいにかけ効率化を図っていたというわけです。

ソーシャルゲームの高額課金者

Web業界でパレートの法則が当てはまるビジネスモデルはなにも出会い系サイトだけではありません。

ソーシャルゲームはその代表格と言えます。

ソーシャルゲームは月十万円以上使う数%の高額課金者、売上のほとんどを支えている場合がよくあります。

高額課金者はゲームを有利に進めることが出来るのに対し、お金を使わないいわゆる無課金者はゲーム内で劣勢の立場となってしまいます。

出会い系サイトの迷惑メール「1億円当選しました!」の謎

ゲーム内での格差が広がりすぎるとユーザー離れが起き、そのゲームは結局衰退していってしまうのです。

僕がソーシャルゲームの運営に関わっていた頃、高額課金者と無課金者の格差が広がりすぎないように、ゲームバランスをどう調整するかがとても難しかったのを覚えています。その辺については機会があればこのブログで紹介していけたらと思います。

最後に

話がそれてしまいましたが、今回は出会い系サイトの迷惑メールについての裏事情を少しだけお話しさせて頂きました。

冒頭のAさんの話は特殊なケースだと思いますので、決して真似しないでください。出会い系業者側に目をつけられてもっと面倒臭いことになることもあるかもしれませんので。

アフィリエイト ブログランキングへ

  こちらの記事も人気です