Highlife.Tokyo

  • Affiliate
  • Web
  • Business
  • LifeStyle
  • Other

やっぱりブログのアクセス数を増やすなら記事の数より質だと思う

   

やっぱりブログのアクセス数を増やすなら記事の数より質だと思う。

いきなりですけどタイトルが「○○な方法」とか「××の理由」みたいな記事ってなんだか怪しく感じません?笑

どうせインパクトの強いタイトルにして中身を読ませたいだけでしょ?

って正直思っちゃう。

もちろんその手の類のタイトルで、本当にためになる記事は世の中に沢山あります。けどそれ以上に中身が伴わない記事が多いせいか、なんか身構えちゃうんですよね。

特にアフィリエイト関連の有料の情報商材には、タイトルを煽るだけ煽って中身は普通のことしか書いていないものも多いので注意が必要です。

なーんて言ってるけど、かくいうこのブログにも「○○な方法」とか「××の理由」のようなタイトルの記事はあります笑

まして僕が読み手側だったら「運営期間もPVも少ないブログのアフィリエイトのアドバイスなんて信じられねーよ」って思うでしょうね笑 まぁ、そこは元IT業界出身の人間が書いているブログということで大目に見てもらえたらありがたいです。

僕は経験して学んできたことや、思ったことを全力で書いているのです。

とまぁ前置きはこれ位にしておいて。

ブログは記事の数より質が大事だと思う理由

内容が充実していない記事はSEOの評価を薄める

ブログのアクセス数を増やすなら記事の数より質が大事って、よく言われていますね。その理由は質の低い記事はブログ全体のSEOの評価を下げるからです。検索エンジンからのペナルティを受けることになります。

ここでいう質の低い記事とは

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイト ページ
  • 他のソースからのコンテンツ(例: 無断複製されたコンテンツ、低品質のゲストブログ記事)
  • 誘導ページ

つまり、アフィリエイト広告ばかりや、他人のブログなどを丸パクリした記事はダメよ、ということですね。

言い換えると、記事の内容が充実していないからといってSEOの評価が下がるわけではないということです ε-(´∀`; )ホッ

ただ、内容が充実していない記事はブログ全体のSEOの評価を薄めると僕は考えています。

例えば、ブルーマウンテンコーヒーを淹れ続けてきたのに、途中でキリマンジャロも混ぜちゃって、それからミルクも入れちゃったりして。最初も最後もコーヒーには変わりないけど、ブルーマウンテンコーヒーとしての要素は薄まっちゃたよね、っていう感じです(この説明伝わりますかw)

なので、ブルーマウンテンコーヒーとして評価を高めたいのであれば、キリマンジャロやミルクの要素を取り除きましょうってことです。

実際、質の低い記事を削除したらブログ全体のSEOの評価が上がった、という話もあったりします。

内容が充実していない記事はバズらない

アクセス数を増やすにはSEOも欠かせませんが、昨今のブログではバズる、つまりくちこみも大事な要素です。

ブログ初心者がやってしまいがちなのが、他人のブログや本を見て記事を書く行為。参考にする程度なら問題ないのですが、言い方を変えただけで内容はほぼ同じ。

まぁ、正直言って僕も昔やったことあります笑 が、それはハッキリ言って止めたほうがいいでしょう。

理由は先に説明したとおり、パクリ記事と判断された場合に検索エンジンからペナルティを受けることがありますし、また内容が充実していない記事は決してバズらないからです。

そりゃ記事数を100にして、1記事で毎日10PVづつ集めれば、それだけで1000PVになるだろうって考えはわかりますけどね。内容が充実していない記事を量産してもつまらないというブログのイメージがつくだけ。

それよりも良質な記事を書いて、はてブしてもらったり、SNSで拡散してもらったりしてリピーターを増やすほうが大事だし、長い目で見たときのアクセス数も増える。

ですので、他人のブログや本を見て毎日書くよりも、自分の考えやアイデアを2~3日でもかけて記事にしたほうが良いと思っています。

まとめ

ベストセラーになる本には理由がありますし、ブログも同じですね。

人の注目を集めるには、小手先の技よりも本質的に充実した内容にすることが大事です。

そして実際にそれを実現したブロガーもいます。この方はブログ開設4日目にして、1日のPV数が1万を突破したそうです。

この方がなにをしたか簡単に説明すると、シリアで湯川遥菜さんが拘束された事件が起こったとき、YouTubeにアップされていた尋問動画を日本語訳にして記事にしたそうです。まだ新聞などでも動画の詳細については報道されていなかった為、記事は注目を集めたとのです。

アクセス数が増える理由がわかりますね。

とは言ってもそんな記事は書こうと思ってすぐ書けるわけではないし、世の中には情報が溢れていているわけであって、上記は特例と考えるべきかもしれないですけどね。

常に持っておくべき視点であることには間違いないでしょうね。

アフィリエイト ブログランキングへ

  こちらの記事も人気です