Highlife.Tokyo

  • Affiliate
  • Web
  • Business
  • LifeStyle
  • Other

【404エラー対処方法】Google Search Console のメール内容

   

【404エラー対処方法】Google Search Console のメール内容

404エラーとは、ページ削除やURL変更が原因でページが見れないときに表示されるエラーです。

その404エラーを表示するページが増加した場合、Google Search Consoleから「http://***.*** での「404」ページの増加」と題したメールが届きます。

Google Search Console 「404」ページの増加通知メール

Google Search Console のメールに記載されている404エラー対処方法

404エラー対処の前に

404エラーが増加しているからといって必ず対処しなければいけないかというと、そいういうわけでもありません。この事はメール冒頭部分に記載されています。

該当する URL が完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。

1 エラーとなるURLを特定する

Search Console アカウントでクロールエラー レポートを開いて、サンプル URL のリストを確認します。

メール内の「クロールエラーを確認」をクリックすると Google Search Console のクロールエラーページに遷移します。下記のようにエラーのあるページが一覧表示されているので確認します。

Google Search Console クロールエラー

2 問題を修正する

該当する URL を存在させておく場合、サーバー設定を確認して確実に 200(OK)を返すようにします(この点については必要に応じてサーバー管理者やホスティング業者に問い合わせます)。無効な URL や存在させるつもりのない URL の場合は、URL の参照元を確認します。ウェブサイト内で該当する URL へのリンクを修正し、該当する URL にリンクしている外部サイトに連絡することも検討します。無効な URL をサイト内の適切なページにリダイレクトすることも、理解される形になるようであれば検討してみます。404(見つかりません)を返す URL は、ウェブサイトの他のページの検索結果での表示には影響しません。

有効であるはずのページの404エラーは、正しい内容が表示されるように修正します。無効のままで問題ないページへのリンクは、リダイレクトも含めリンク修正を行います。

ただし、文末に記載されているように、404エラーが表示されていてもSEO評価には関係しないようです。

3 修正を確認する

エラーとなる URL を修正したら、Googlebot が URL に適切にアクセスして認識できるようにするか、URL が適正なエラー結果コードを返すようにします。この手順には Fetch as Google を使用します。

メール内の「Fetch as Google」をクリックすると Google Search Console の Fetch as Google ページに遷移します。修正したURLを入力して「取得」をクリックします。

Fetch as Google

Fetch as Google は、クローラーである Googlebot がWebページをどのよう認識しているか確認できる機能です。つまり、ここでは修正した404ページが意図した内容で Googlebot に認識されているかを確認します。

また、Fetch as Google にはインデックスを促進させることが出来る一面もあります。Fetch as Google について詳しく知りたい方は、下記のサイトが判りやすいと思いますのでご参照下さい。

アフィリエイト ブログランキングへ

  こちらの記事も人気です