Highlife.Tokyo

  • Affiliate
  • Web
  • Business
  • LifeStyle
  • Other

寝る前にスマホを見る人はiOS 9.3新機能『Night Shift』がおすすめ

   

Night Shift(ナイトシフト)

いつもHighlife.Tokyoをお読み頂きありがとうございます。運営者のHighlife(@HighlifeTokyo)です。
アップルが恒例の新製品発表のイベントを開催しましたね。

新型iPhone「iPhone SE」は小さいとか、価格が安いとか色々話題はあるようですが、個人的に一番の注目はiOS 9.3に搭載された『Night Shift(ナイトシフト)』という新機能です。

このNight Shift、どんな機能がざっくり説明すると、寝る前にスマホを使ってる人の寝つきが悪くなるのを防いでくれる機能です。

そもそもスマホなどのディスプレイから出ているブルーライトは、睡眠の質を低下させる光だそうです。脳がブルーライトの刺激で朝と夜を判断するのが原因だとか。

夜も明るい環境や、夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は、サーカディアンリズムを乱れさせ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。寝付きが悪い、眠りが浅いといった「睡眠の質を低下」も、そのひとつでしょう。

(中略)

網膜が強いブルーライトの刺激を受けると、脳は「朝だ」と判断し、メラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制され覚醒し、ブルーライトの量が減少すると「夜だ」と判断して、メラトニンの分泌が活発になります。

ブルーライトとは – 睡眠への影響 | ブルーライト研究会

そこで活躍するのがNight Shiftです。

Night Shift(ナイトシフト)

Night Shiftは、設定により寝る時間が近づくとディスプレイの色を暖色系に自動で変えてくれます。つまり、これによってブルーライトの量を減らし眠りの質を高めてくれるというわけです。

寝る前にスマホを見るのが日課になっている人は、是非活用したい機能です。

通常画面
Night Shift(ナイトシフト)

ナイトシフト設定時
Night Shift(ナイトシフト)

ナイトシフトの設定画面
Night Shift(ナイトシフト)

ナイトシフトはコントロールセンターでも設定できます
Night Shift(ナイトシフト)

アフィリエイト ブログランキングへ

  こちらの記事も人気です