Highlife.Tokyo

  • Affiliate
  • Web
  • Business
  • LifeStyle
  • Other

【電力自由化】ENEOSでんきと東京電力の料金を比較!安いのはどっち?

      2016/04/01

【電力自由化】ENEOSでんきと東京電力の料金を比較!安いのはどっち?

2016年4月から始まる電力自由化。料金がかなり安いと噂されるENEOSでんきですが、東京電力と比べどのくらい料金が変わるのか?比較&シュミレーションしてみました。

ENEOSでんきと東京電力の電気料金を比較する前に、まずは電力自由化について一緒におさらいしましょう(そんなのわかってるわ!という方は前半部分はザーッと読み飛ばして頂いても結構です)

電力自由化について

電力自由化とは

今まで東京電力からしか購入できなかった電気を、他の電力会社からも購入できるようになるのが電力自由化です。

電力事業は大きく3つ(発電/送電/小売)に分類され、今までそれらは全て東京電力が担っていました。

しかし、2016年4月からは東京電力が独占していた電力事業に他の電力会社が参入できるようになるのです。

  1. 発電(電気を作る):今までは東京電力のみ ⇒ これからは他の電力会社も可
  2. 送電(電気を送る):今までは東京電力のみ ⇒ 東京電力のみ
  3. 小売(電気を売る):今までは東京電力のみ ⇒ これからは他の電力会社も可
送電は東京電力で変わらないのがポイント!

電力会社は変えたほうがいいの?

実は電気は自分で作っている会社もあれば、そうじゃない会社もあります。

電力自由化に伴い、価格も含め色々な特徴あるサービスが沢山あるので、どこの電力会社から購入するか選んだほうが良いと言えます。

ただし、電力の使用状況によっては電力会社を変えたら損をする場合があるから注意が必要!

電力会社を変えたら停電は増える?

どこの電力会社で買っても、既存の送配電網を使って電気が家庭に届くので今までとなにも変わりません。

契約した電力会社の発電量が不足した場合、地域の電力会社が不足分を補う仕組みとなっています。

ちなみに電圧、周波数といった電気の品質も変わりません。

電気の力が弱くなったりすることもないよ!

切り替え手続きは大変?工事は必要?

紙やWebなどで新しい電力会社に申し込みするだけで完了します。今契約している電力会社への連絡は不要です。

また、特別な工事は一切必要ありません。スマートメーターという、通信機能付きのメーターへの切り替えがありますが、これは電力会社を変えない場合でも、東京電力が順次変更しており、工事や料金の負担は原則ありません。

最初に電力会社を切り替える場合、スマートメーターへの切替工事が優先的に行われます。

ENEOSでんきについて

ENEOSでんきとは

ENEOSでんきとは、ガソリンスタンドで有名なENEOSの電力事業です。電力事業とは無縁なイメージのENEOSですが2003年から電気を販売しています。

2000年の自由化は高層ビルや大規模工場向けだったので知らない人が多いのですが、ENEOSは10年以上ビルや学校に電気を業務用の分野で販売しているそうです。

また今後は新しく発電所を作る計画もあるようです。

ENEOS電気の料金体系

ENEOSでんきの料金体系は東京電力とほぼ同じで、下記の組み合わせで電気料金を決定します。

  1. 基本料金:契約のアンペア数によって料金は変わります。
  2. 従量料金:月間の使用量によって料金は変わります。料金単価は使用量によって3段階に分かれます。
  3. 燃料費調整額:資源価格の変動を電気料金に反映させたものです。ENEOSでんきは2016年3月まで契約していた電力会社と同じ燃料費調整制度を採用するとのことです。
  4. 再エネ賦課金:再生可能エネルギー(太陽光発電など)の普及コストを国民全員で負担するもの。国が定めます。
  5. オプションメニュー:ENEOSカードの利用や、2年以上の契約で電気料金が安くなります。

【電力自由化】ENEOSでんきと東京電力の料金を比較!安いのはどっち?

参考:料金メニュー|ENEOSでんき|JXエネルギー

ENEOSでんきと東京電力の料金比較

今回比較したのは、ENEOSでんきと東京電力の最もスタンダードなプラン「従量電灯B・C」の基本料金と重量料金です。ちなみに燃料費調整額と再エネ賦課金は両社とも同じ料金です。

基本料金の比較

契約アンペア数 単位 ENEOSでんき 東京電力
10 1契約 280円80銭 280円80銭
15 421円20銭 421円20銭
20 561円60銭 561円60銭
30 842円40銭 842円40銭
40 1,123円20銭 1,123円20銭
50 1,404円00銭 1,404円00銭
60 1,684円80銭 1,684円80銭
ENEOSでんきと東京電力の基本料金は全く同じ!

従量料金の比較

単位 ENEOSでんき 東京電力
第1段料金:
最初の120kWhまで
20円76銭 19円43銭
第2段料金:
120kWhを超えて300kWhまで
23円26銭 25円91銭
第3段料金:
300kWhを超える分
25円75銭 29円93銭

ENEOSでんきの方が電気の使用量が多くなればなるほどお得になるという料金設定!

2016年2月18日現在の情報です。リアルタイムの情報は下記でご確認ください。
料金メニュー|ENEOSでんき|JXエネルギー
従量電灯B・C|東京電力

家庭別で見る料金比較

では実際の年間の電気使用量からENEOSでんきと東京電力でどちらが得が比較してみます。電気使用量の基準とするのは総務省統計局の2014年度「家計調査」データです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
561.2 575.9 560.6 475.1 396.6 342.8
7月 8月 9月 10月 11月 12月
332.3 392 391.8 352.3 349.1 408.1

1世帯当たり電気使用量(kWh)
参考:電気使用量の推移

電気使用量が平均的なご家庭の場合

総務省統計局の2014年度「家計調査」データをそのまま当てはめた場合の電気料金の年間試算です。

項目 ENEOSでんき 東京電力
基本料金 20,218円 20,218円
1段料金 29,894円 27,979円
2段料金 50,242円 55,966円
3段料金 39,598円 46,026円
合計 139,952円 150,189円

燃料費調整額と再エネ賦課金は両社とも同じ料金なので含めていません

ENEOSでんきのほうが年間10,237円お得!

電気使用量が多いご家庭の場合

総務省統計局の2014年度「家計調査」データを2倍にした場合の電気料金の年間試算です。

項目 ENEOSでんき 東京電力
基本料金 20,218円 20,218円
1段料金 29,894円 27,979円
2段料金 50,242円 55,966円
3段料金 171,897円 199,801円
合計 272,250円 303,963円

燃料費調整額と再エネ賦課金は両社とも同じ料金なので含めていません

ENEOSでんきのほうが年間31,713円お得!

電気使用量が少ないご家庭の場合

総務省統計局の2014年度「家計調査」データを半分にした場合の電気料金の年間試算です。

項目 ENEOSでんき 東京電力
基本料金 20,218円 20,218円
1段料金 29,894円 27,979円
2段料金 26,258円 29,250円
3段料金 0円 0円
合計 76,370円 77,447円

燃料費調整額と再エネ賦課金は両社とも同じ料金なので含めていません

ENEOSでんきのほうが年間3,777円お得!

まとめ

電気料金が安いのは

試算した結果、ENEOSでんきのほうが東京電力より電気料金が安くなるということがわかりました。これは電気使用量が多くなればなるほど差は大きくなるようです。

ENEOSカードの利用や、2年以上の契約で電気料金が安くなるオプションメニューもあるので、ENEOSでんきはかなりお得だと言えるのではないでしょうか。

ただし契約期間が1年(にねんとく2割の場合は2年)となり、途中解約すると違約金等が発生する場合があるので注意が必要です。

また、極端に電気使用量が少ない(例えば1人暮らしで家にいることが少なく月平均100kWhほど)場合は東京電力のほうが安くなるケースがあるので、ご自身のライフスタイルにあわせて選択する必要がありそうです。

東京電力に電話をしてみた

東京電力に問い合わせたところ「ENEOSでんきの料金とても安いのだが大丈夫か?」という電話がとても多いとのことでした。

担当者の方は「ENEOSでんきのことは判りかねますが、東京電力としては電気の安定供給を含め質の良さをご提供していきたい」とのお答えでした。

また電気使用量が平均的なご家庭にも電気料金が安くなる更なるプランも検討中とのことです。

最後に

今回のENEOSでんきと東京電力の比較は2016年2月18日現在の料金を元に算出したものです。リアルタイムの情報は下記でご確認ください。

料金メニュー|ENEOSでんき|JXエネルギー
従量電灯B・C|東京電力

またENEOSでんきと東京電力の料金は下記で算出できます。

・ENEOSでんき:料金シミュレーター|ENEOSでんき|JXエネルギー
・東京電力:電気料金計算サービス

ENEOSでんきのお申し込みはこちらからできます。

ENEOSでんき

アフィリエイト ブログランキングへ

  こちらの記事も人気です