Highlife.Tokyo

  • Affiliate
  • Web
  • Business
  • LifeStyle
  • Other

Amazonアソシエイトの審査落ち→簡単に再審査を通過した話

      2016/03/20

Amazonアソシエイトの審査落ち→簡単に再審査を通過した話

Amazonアソシエイトは、1億点以上のアマゾンの商品を扱えるとても人気のあるアフィリエイトプログラムですが、サイト審査が厳しいことでも有名です。

このブログでも先日からAmazonアソシエイトの導入を開始したのですが、1回目の審査は見事に落ちました笑

Amazonからのメールに記載されていた主な審査落ち理由は以下の通り。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

うーん。

Amazonアソシエイトを申し込んだ時点で、このブログを開設してからまだ11日しか経過していなかったのでその時は、

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

が審査落ち理由として該当しそうだなぁと思いました。

ちなみに、2016年2月1日(月)15時43分に申し込み、同日の18時12分に結果を頂きましたので、Amazonアソシエイトの申し込みから審査結果までの時間は約2時間30分とかなり早い対応でした。

そして、僕はAmazonアソシエイトの審査を通過するため以下の3点を行いました。

Amazonアソシエイトの審査通過のため行ったこと3点

Amazonアソシエイトの審査落ち→簡単に再審査を通過した話

1.一週間後に再審査を申し込む

ブログの完成度が審査落ち理由であるならば、記事を増やせばいいんでしょ!

そう思った僕は記事の数を、10記事(2月1日時点)→16記事(2月8日時点)に増やしました。

はっきり言ってそんなに増えてません笑

半ばヤケクソでしたが、Amazon側が努力だけ認めてくれればいいなぁと思いました。

2.Amazonアソシエイトの商品リンクを削除

実は余裕で審査を通ると考えていた僕は、最初の審査時でAmazonアソシエイトのWordPressプラグイン「AmazonJS」をインストールしていました。

しかも、売れる物販アフィリエイト!3つの基本テクニックという記事の中でコンテンツとして商品リンクも既に掲載していたのです。

もしかしたらこれが審査員の心象を悪くしていたのかもしれない。

なんとなくそう思った僕は、再審査の時にその商品リンクを削除することにしました。

3.普段アマゾンで使っているアカウントで申請

多分これが審査を通過できた最大の理由です。

僕は普段アマゾンで良く買い物をするのですが、今回Amazonアソシエイト用に新しくアカウントを作成し審査を申し込みました。

理由は単純でアカウントを別々に管理したかったからです(同じような方多いのではないでしょうか?)

審査落ちの後にネットで色々と調べてわかったのですが、どうやらアマゾンで買い物をしたことがあるかも重要なポイントらしいのです。理由は信用問題が関係しているからとか。

え…じゃあ、普段アマゾンで買い物しない人はどうするの?

そう思いつつ半信半疑ながらも普段の買い物で使用しているアカウントで再審査を申し込みました。

見事、Amazonアソシエイトの審査を通過

最初の審査落ちから一週間後、2016年2月8日(月)11時11分に申し込み、同日の17時18分に結果のメールを頂きました。Amazonアソシエイトの申し込みから審査結果までの時間は約6時間。前回よりも時間がかかりましたがかなり早い対応と言えます。

結果は見事、審査を通過。

Amazonアソシエイトの審査落ち→簡単に再審査を通過した話

僕が行ったどの対応が良かったのか、ハッキリとした答えはわかりません。けれどやはりアカウントの問題が1番大きいのではないかと個人的には考えています。

Amazonアソシエイトの審査がなかなか通らない方は、アマゾンで買い物履歴のあるアカウントで審査を試すのも良いかもしれませんね。

アフィリエイト ブログランキングへ

  こちらの記事も人気です